スポーツ選手

京極おきな(シンクロ)の経歴と成績がすごい!プロフィールと出身高校も!

東京リンピックのシンクロ競技で出場が内定した京極おきな選手。

名前がとてもユニークなので、名前の由来に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。

私自身も京極おきなさんのことを初めて知った時、「おきなってすごい珍しい名前!」とびっくりしました。

今回は京極おきなさんの基本プロフィールから出身大学など詳しい情報を色々見ていきます!

広告

京極おきなのプロフィール

京極選手の顔写真はこちらです!

名前 京極おきな(きょうごく おきな)
生年月日 2001年10月20日
出身地 大阪府
身長 163cm
体重 47kg
大学 近畿大学付属高校
所属 井村アーティスティックスイミングクラブ

京極さんは2003年の世界水泳選手権をテレビで見たのがきっかけでアーティスティックスイミングを始ました

井村アーティスティックスイミングの井村コーチは京極選手を「身が軽く、回転も速い。ジャンパーに適した選手」と話しており才能を認められているようです。

京極おきなの経歴と戦績

2016年に開催された「全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」でフリールーティンソロとデュエット両方で優勝。最優秀賞を受賞しました。

2017年、井村ヘッドコーチの推薦で代表候補メンバーに入ります。

2018年日本選手権でチームフリールーティンに出場。ジャンパーとして活躍しました。

2019年に韓国で開催された世界水泳選手権にてチームフリー4位、チームテクニカル4位に貢献。

おきな選手は競技を始めて10年ほど経ちますが、まだ年齢も若いのとアーティスティックスイミング自体がそんなにたくさん大会などがある競技ではないので経歴は少なめといった感じですね。

しかし数少ない大会でも素晴らしい成績なのはさすがですね。

京極おきなの名前の由来

京極選手の「おきな」という名前、本名は漢字一文字で「翁」と書くそうです。

メディア表記ではひらがなになっていますが「京極翁」と表記されると苗字の「京極」もあまり見慣れないのでどこで区切るかも難しい感じがしますね。

「翁」という名前も珍しいかと思います。

名前の由来までは残念ながらわかりませんでしたがとてもインパクトのある名前ですよね。

ちなみに、「翁」には「国を治める人」という意味があります。

とてもかっこいいイメージのお名前ですが京極選手自体はとても可愛らしい方ですよ。

京極おきなの高校と大学

京極選手は現在近畿大学付属高校に通っています

近畿大学といえばスポーツに力を入れていることで有名ですよね。京極選手も恵まれた環境の中で日々練習をしていることだと思います。

高校卒業後の進路はまだわかりませんがこのまま近畿大学に進学するのではないかと言われています。同じアーティスティックスイミングのチームメイトも近畿大学には何人かいますので同じ道に進む可能性はありますね。

京極おきなが東京オリンピック内定!アーティスティックスイミングとは?

こちらの動画の一番左に立っているのが京極おきな選手です。

https://twitter.com/Japan_Olympic/status/1028967756866056192

東京オリンピックの出場選手に京極選手が選ばれました。おきな選手はジャンパーとして活躍しているのでどんなジャンプをみせてくれるか楽しみですね。又、初めてのオリンピック出場にとても期待が高まります。

そもそもアーティスティックスイミングとは「シンクロナイズドスイミング」のことで、2018年から種目の名前が変更されたのです。

意外と最近のことなのでほどんどの人が「シンクロ」の方が伝わるのではないでしょうか。

京極おきなの筋肉美が話題!

アーティスティックスイミングは水の中で演技をするので常に浮いた状態。ピタッと足を伸ばして止まったりする場面もあるので相当筋肉はついていると思います。

現に京極選手の太ももはとても立派だと話題になっています。

京極おきな選手は下の動画の一番右側です。皆さん、脚がとても長くて羨ましいです!

地上でダンスするのもとても筋肉を使いますが水の中では水圧があるので地上にいる時よりも力を使いますよね。この筋肉がおかげで素晴らしい演技に繋がるのですね。

注目のアーティスティックスイミング日本代表選手!

木島萌香

現在近畿大学の通っている木島萌香選手は競技歴13年。京極選手と年齢も近く、大学も近畿大学なので接点は多いですね。

アーティスティックスイミングは演技と共に表情もとても大事ですが、木島選手の笑顔はとても目を引きますね。

塚本真由

憧れのオリンピックメンバーに選ばれたという塚本真由選手は中学生の時から様々な国際大会に出場した経験がある。ここ数年は日本代表チームのメンバーにも選出されるようになり活躍をみせています。今までの経験が活かされた演技が楽しみです。

乾友紀子

そして今年で3度目のオリンピック出場となるベテランが乾友紀子選手。写真右側が乾選手です。

2012年ロンドンオリンピックでデュエット、チームどちらも5位入賞。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでもデュエット、チームどちらも銅メダルを獲得しているまさにベテラン!

チームにとっても心強い存在だと思います。

まとめ

アーティスティックスイミングの演技はあまり得点の内容などを知らなくても見ているだけで楽しめるスポーツですよね。

オリンピック初出場の京極おきな選手からベテラン選手までみんなで力を合わせてひとつのものを完成させることに感動する競技だと思います。

東京オリンピックでの活躍が楽しみですね。

広告

-スポーツ選手
-

Copyright© ヒッポサーチ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.