スポーツ選手

吉田萌(シンクロ)の経歴と成績がすごい!プロフィールと出身高校も!

アーティスティックスイミングと言えば、選手が行動を一致させる美しい姿を魅せる競技ですよね。演技中は美しい技の連続で見る者の目を引き付けます。

中でも吉田萌は脚を使った演技が凄いようです。その凄さから井村雅代コーチはとある評価を下しています。

その評価とは何なのでしょうか。

それでは吉田萌について詳しくみていきましょう。

広告

吉田萌のプロフィール

引用:Sankei

まずは吉田萌のプロフィールからどうぞ。

名前 吉田萌
生年月日 1995年7月2日(2020年2月現在24歳)
出身地 愛知県
身長 168cm
体重 53kg
高校 名古屋大谷高校
大学 愛知学院大学
所属 ザ・クラブピア 88

ザ·クラブピア88とはアーティスティックスイミングのクラブです。このクラブではプロからアマまで幅広く参加しています。プロの演技を身近で見られるのは良いですね。

吉田萌の経歴と戦績(成績)

吉田萌が水泳を始めたのは4歳の頃からで、その後すぐにザ·クラブピア88に入部します。このように小さい時から鍛えられたので、オリンピック代表に選ばれたのですね。

そして吉田萌は2017年に世界大会に出場しました。その後も2018年のアジア大会で、乾由紀子とペアを組んで銀メダルを獲得します。この銀メダルを獲得したことによって、吉田萌は注目を浴び始めました。

2019年には世界選手権で4位を獲得し、その実力を認められて東京オリンピック代表が決まったというわけです。

やはり幼い頃からスポーツをしている人は何かしらの成績を出しますね。本人的には辛い時期もあったようですが、続けることの大事さがよく分かりました。

吉田萌出身高校と大学まとめ

吉田萌の出身高校は名古屋大谷高校です。

名古屋大谷高校の偏差値は4151なのでけっこう頭が良いくらいですね。またスポーツにも力を入れていて、中でも陸上部が強豪なようです。

でも吉田萌はスイミングクラブに通っていたので、部活動には参加していませんでした。

愛知学院大学の偏差値は4550です。もちろん大学に通い続けながらアーティスティックスイミングの練習もしています。練習ばかりではなく、上手に勉強と両立していたようなので凄いですね。

吉田萌のスタイルがキレイと話題!

https://twitter.com/athleteboo/status/1034375633587994629

吉田萌は長身を生かした演技が魅力的なようです。

特に長い脚を見事に曲に合わせるのが上手で、井村雅代コーチは歴代選手の中でもダントツと評価しています

その脚の見せ方がアーティスティックスイミングを長い間やっていて身に付けた、吉田萌の武器なんでしょうね。

吉田萌が東京オリンピック内定!競技ペアの乾友紀子との関係は?

https://twitter.com/JapaneseTV2020/status/1034399688101752834

吉田萌は乾由紀子と組んで2018年にアジア大会で銀メダルの成績を納めました

エースの乾由紀子は以前中牧佳南と組んでいましたが、中牧佳南が引退を決意してから吉田萌と組むようになりました

アーティスティックスイミングのエースと言われている乾由紀子と組むことができた吉田萌は、目標の一つが叶ったと喜びます。いきなりエースと組むことになったのに動揺しないのは吉田萌の度胸が窺えますね。

そしてペア結成後すぐのアジア大会にて銀メダルを獲得したということです。いきなりの大会で好成績を出したので、かなり期待の選手ですね。

注目のアーティスティックスイミング日本代表選手!

東京オリンピックのアーティスティックスイミング代表は全員で8人選ばれています。なので吉田萌以外にどんな選手がいるのかみていきましょう。

塚本真由

まず塚本真由で、身長が171cmもある期待の選手です。

塚本真由は世界選手権の出場経験もあります。

また21歳と年齢も若いので、これから東京オリンピックまでの間に成長する可能性がありますね。

安永真白

次は安永真白で、身長が168cmある近大の卒業生です。

東京オリンピック代表には、同じ近大の選手も複数いるのでチームワークは良さそうですね。

オリンピックの経験はないですが、ソロでの優勝経験もあるのでかなり期待の選手です。

柳沢明希

最後に柳沢明希で、身長が166cmのチーム内では少し小柄な選手になります。

2019年の日本選手権では、3種目で金メダルの成績を納めるなど実力のある選手です。

どの選手もきちんと成績を残している選手なので、東京オリンピックが楽しみですね。優秀な選手同士が手を取り合って金メダルを獲得する光景を見たいです。

まとめ

吉田萌は日本のエースの乾由紀子とペアを組んでいます。突然組むことになりましたが、その後の大会ですぐに優秀な成績を残したことから、二人の息は合っているようです。

また吉田萌は脚の魅せ方が、歴代のアーティスティックスイミング選手の中でもダントツなようです。東京オリンピックではその美しい妙技を見られるのが楽しみですね。

広告

-スポーツ選手
-

Copyright© ヒッポサーチ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.