スポーツ選手

高野芹奈の父親の職業がすごい!名前の由来や出身高校と大学も!

今回は高野芹奈選手の父親の職業や高野選手の名前の由来、出身校や大学を紹介していきます。

また、高野選手は東京オリンピック女子セーリング49erFX級代表に内定しているので、注目していきたいですね!

49erFX級はオリンピックの中で最もスピードの速い競技の1つとされ、「海のF1」とも言われています。

山崎アンナ選手とともにペアを組みセーリング界の未来を担うことを期待されています。

この記事を読んでより高野選手に興味、関心を持っていただけたら嬉しいです。

広告

高野芹奈(セーリング)が東京オリンピック内定

2019年12月3日、ニュージーランド、オークランドで開催されたセーリングクラス別世界選手権で高野選手はペアを組む山崎アンナ選手と共に日本勢最高の20位になりました。

日本連盟が定めた先行指定大会の特典でトップが確定し、基準を満たしたため、東京オリンピックの出場が内定。

高野選手は前回のリオデジャネイロオリンピックにも出場しているため東京オリンピックは2度目のオリンピック出場となります。

ペアを組む山崎アンナ選手はオリンピック初出場となるため、高野選手がいかに山崎選手をリードしていくかが重要になります。

また、高野選手にとってはリオデジャネイロオリンピックの雪辱を果たすことができる絶好の機会です。そのため、東京オリンピックにかける思いは人一倍強いかと思います。是非ともオリンピックの悔しさはオリンピックで晴らして、日本に勇気や希望を与えてほしいですね!

セーリングとは

セーリング競技とは常に変化する気象条件を考慮しつつ、より速く海上を航行し、フィニッシュラインを目指すスポーツです。

セーリングは1900年からパリオリンピック正式種目となっていますが、本来は、1896年アテネオリンピックから正式種目になっていましたが、天候不良で中止となりました。

このことを知ってセーリングがこれほどの歴史を持つ競技であることに驚いた方もいるのではないでしょうか。ちなみに、セーリングとヨットの違いがわかる方はいらっしゃるでしょうか。

以前はセーリングとヨットは同義であると言われていましたが現在は、ヨットとはセーリングで用いる艇種の1つだと言われています。ちなみに、これまでのオリンピックでのメダル獲得数は1位がイギリスで2位は、アメリカ合衆国です。上位はほぼ欧米の国が独占しています。

高野芹奈(セーリング)のプロフィール

高野芹奈(セーリング)のWiki風プロフ

名前 高野芹奈(たかの せな)
生年月日 1998年3月1日
出身 大阪府
身長 166cm
体重 69kg
学歴 関西大学(在学中)
オリンピック種目 女子セーリング49erFX級

高野芹奈(セーリング)の経歴

今、セーリング界の新たな顔となりつつある高野選手。そんな高野選手の経歴についてまとめてみました。

高野選手ら14歳で初めてヨットに乗った時、海上を滑らかに進むヨットに魅了されて、その日のうちにセーリング競技を始めることを決意したそうです。素晴らしい行動力ですね!私も見習いたい限りです。

練習開始から8ヶ月でインターハイ出場を決めるなど、圧倒的なスピードで成長を遂げで行きました。その後、ジュニアユースオリンピック420kg級に出場し見事優勝しました。

この時点で日本のユースランキング1位となりました。また、世界選手権420kg級に出場し、総合3位になりました。これは高校生最高位でした。

その後、リオデジャネイロオリンピック出場を目指すため、49erFX級に転向。

アブダビで開催された世界選手権で優勝し、リオデジャネイロオリンピック内定が決定しました。

リオデジャネイロオリンピックでは思うような成績が残せませんでした。

だからこそ、更に成長した高野選手の東京オリンピックでのメダル獲得に期待が高まっています。

是非ともリオデジャネイロオリンピックの悔しさを跳ね返してほしいですね!

高野芹奈(セーリング)の父親の職業と兄弟の名前由来

ところで、芹奈という高野選手の名前が珍しいと思った方はたくさんいるのではないでしょうか。ちなみに、高野選手の家族は両親の他に、お兄さんとお姉さんがいます。

つまり、高野選手は末っ子というわけです。お兄さんの名前は「楓間 ふうま」さんです。そして、お姉さんの名前は「最子 もなこ」さんと言います。

ちなみに、高野選手のお父さんは元カーレース選手です。そこから考えるとお姉さんの名前の由来はF1モナコグランプリから、お兄さんは長きに渡りレース界を牽引し続けたミハエルシューマッハ選手、そして高野選手はあの伝説のアイルトンセナ選手が由来していることは容易にわかります。

自分の子供たちの名前にレース関係の名前をつけるとは相当レースに対して熱い想いをお持ちのお父さんなのですね!ここまで大好きなものがあるというのは素晴らしいことだと思います。

高野芹奈(セーリング)の出身高校と大学

まず、高野選手の出身高校は関西大学高等部です。学校法人関西大学が運営していて、高等部の他に初等部と中等部があります。スケートが盛んな学校であり卒業生には、スケート選手の宮原知子選手や、タレントやスケート選手として活躍している本田望結さんがいます。

次に、高野選手が現在、在学している大学は、関西大学です。つまり、高校からエスカレーター式に進学して来たわけです。関西大学は全国でも高い知名度を誇り、関西地方を代表する大学の1つです。

創立1866年、大学が設置されたのは1922年とかなり歴史のある大学です。学部数や生徒数は全国トップクラスであり、今まで政治や文学、スポーツなど、多岐にわたる数多くの卒業生を輩出してきました。高野選手も関西大学の歴史に刻むような選手に成長していってほしいものです。

高野芹奈(セーリング)の競技ペアは山崎アンナで仲はいいのか  

2人の出会いは彼女らのコーチが同一人物でありペアを組む以前から練習で、2人で組んで練習することはあったようです。

高野選手は前回のリオデジャネイロオリンピックに出場していて、当時ペアを組んでいた選手とオリンピック終了後にペアを解散いたしました。

そこで、普段から練習を共にしている山崎選手とペアを組むことになりました。練習していた当時かはお互い選手として気が合いそれによりペアの結成に至ったそうです。

また、お互いの長所を理解し、敬意を払っている点がトップ選手に上り詰めそうな雰囲気を漂わせています。試合中にうまくいかないことや、意思疎通が取れないと他の選手の場合ヨット上でついつい感情的になってしまう選手もいるそうですが、山崎選手と高野選手の場合、話し合いを重視することでより効率よく前向きに解決していくそうです。

まとめ

オリンピックでメダルを獲得し、スポーツ界で活躍を続ける選手には幼少期からその競技に打ち込んでいる選手が多い中、高野選手は14歳からセーリングを始めました。

しかし、そこから、圧倒的なスピードで成長を続けて数々のビッグタイトルのかかった試合でも結果を残しています。これは、高野選手が純粋にセーリングから好きだからだと思います。

「好き」ということは何をやるにしても成長するために絶対に必要なことだと思います。好きになったその日に競技を始め、好きな道をただひたすら突き進んでいる高野選手を見ると私も学ぶことがたくさんあります。

何を学ぶことができるかというと、圧倒的な行動力で好きなこと向き合えば成功できる。このことを高野選手は身をもって教えてくれている気がしするからです。今回の記事を通して私は、高野選手の内面にとても惹かれました!みなさんはどうでしょうか?この記事を読んで更に高野選手を好きになってくれたならば本当に嬉しいです。それではここまで読んでいただきありがとうございました!

広告

-スポーツ選手
-

Copyright© ヒッポサーチ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.