スポーツ選手

岡田奎樹(セーリング)は高学歴で高校と大学はどこ?出身と経歴も調査!

広告

岡田奎樹(セーリング)のプロフィール

岡田奎樹(セーリング)のWiki風プロフ

名前 岡田奎樹(おかだ けいじゅ)
生年月日 1995年12月2日生まれ
身長 170cm
体重 64kg
学歴 早稲田大学スポーツ科学部
所属 トヨタ自動車東日本

岡田奎樹選手は父、母と弟さんが一人の4人家族です。

セーリング界でもイケメンと言われ人気のある岡田奎樹さんですが、結婚はしておりません。しかし長く付き合っている彼女がいるとの情報があります。

見た目のこだわりはあまりないが一緒にいて落ち着く人がタイプだそうです。

岡田奎樹(セーリング)の出身地

福岡県出身の岡田奎樹選手。

セーリングを始めたきっかけはお父さんがセーリング愛好者であったことで、5歳の時に初めて乗ってみたところからハマっていきました。

とにかくヨットが好き!という気持ちがとても大きく、1年間で100日以上はヨットの練習をしていたのだとか。

やはり幼い頃は「好き」という気持ちが一番やる気になる大事なことなんですね。

岡田奎樹選手は小学2年生までB&G別府海洋クラブに通っており、その後父親の転勤の為、小学3年生~中学2年生までB&G福岡ジュニアヨットクラブに移りました。

その後、中学3年生ではまたB&G別府海洋クラブに戻ったそうです。

岡田奎樹(セーリング)の出身高校と大学

福岡県出身の岡田奎樹選手ですが高校は佐賀県の唐津西高校へ進学。

その理由はやはりセーリングでした。

1996年に開催されたアトランタオリンピックで女子470級に木下アリーシア選手とペア出場し、日本人初となる銀メダルを獲得した故 重由美子選手が唐津西高校でセーリングのコーチをしていた為です。是非ともそこで教わりたいという気持ちからですね。

その後、早稲田大学へ進学。

当時は大学に進学するか、進学はせずに競技に専念するか悩んだそうです。

早稲田大学ではロンドンオリンピックのコーチだった小松一憲監督、選手として出場していた原田龍之介選手がヨット部の指導をするということもあり、より自分を高めるため進学を決めました。

岡田奎樹(セーリング)の経歴

小学3年生の時に全日本OP級選手権大会に出場。小学生の部で優勝。

小学5年生の時にOP級日本代表に選出される。

中学3年生で出場したOP級世界選手権大会ではみごと3位を獲得。

中学生までは一人乗りでしたが高校生からは、身長や体重の関係で二人乗りへ種目変更。

2016年7月にドイツで開催された「470級ジュニア世界選手権」にて木村直矢選手とペアで出場。日本人初優勝を飾りました。

2018年9月に神奈川県江の島で開催された「セーリングワールドカップ」470級に外薗潤平選手とペア出場。金メダルを獲得。

東京オリンピック代表選手を決める最終選考レース「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019」に外薗潤平選手とペア出場。総合11位にランクイン、東京オリンピック内定が決まりました。

息ピッタリの岡田奎樹選手と外薗潤平選手の「オカホカペア」。

東京オリンピックでの活躍が期待されています。

岡田奎樹(セーリング)がオリンピック内定

東京オリンピック内定を目指し、セーリング470級男子にペアで出場していた岡田奎樹選手と外薗潤平選手。

セーリングは3つの選考大会の合計得点で代表が決まります。

その最終選考レース、「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019」にて総合11位、合計64点を獲得し、みごと東京オリンピック日本代表に内定されました。

岡田奎樹選手と外薗潤平選手は「オカホカ」と呼ばれており2人のチームワークは良いと言われています。

広告

-スポーツ選手
-

Copyright© ヒッポサーチ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.