スポーツ選手

植草歩の段位がヤバイ!空手の流派と父親の職業がすごい!

植草歩は東京オリンピックの組み手61㎏超級に出場が決まっている空手の選手です。強いだけでなくルックスの可愛らしさから「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と呼ばれています。

そんな可愛らしい植草歩の段位や年収が凄いと話題です。そこで植草歩の段位や流派、父親の職業など見ていきたいと思います。

広告

植草歩の基本プロフィール

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 植草歩 uekusa ayumi (@ayayumin0725) on

まず植草歩のプロフィールを紹介します。

プロフィール

  • 名前:植草歩(うえくさあゆむ)
  • 生年月日:1992年7月25日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:168㎝
  • 体重:68㎏
  • 所属:JAL(日本航空)、ホリプロ社員
  • 経歴:16年世界選手権68キロ超級金メダル、18年世界選手権68キロ超級銀メダル

経歴を見るだけでその強さが伝わってきますがこれはほんの一部です。というのも植草歩は2020年現在世界ランキング1位を獲得しています。そのため東京オリンピックでは金メダルが期待できるでしょう。

植草歩の段位がヤバイ!

https://twitter.com/ayayumin/status/1074945760674820098

植草歩は2018年12月に公認5段という段位を取得しています。

これを見るだけでは植草歩の凄さがイマイチ伝わってこないでしょう。

そこで空手の段位について紹介します。

空手の段位は初段から10段まであります。初段の試験を受けるのも大変です。

道場訓5か条を守っていることを前提に、空手道を2年以上練習した、かつ1級の資格を取得している必要があります。

道場訓5か条とはこちらのことです。

  • 人格完成に努めること
  • 誠の道を守ること
  • 努力の精神を養うこと
  • 礼儀を重んじること
  • 血気の勇を戒めること

これを見るだけで空手が厳格なスポーツだということが分かりますね。

そして植草歩が獲得した5段は、日常の行動に置いても後輩の模範となるような存在のことです

20代にしてこのような存在になるなんてさすが世界ランキング1位といったところでしょうか。

植草歩の空手の流派はなに?

植草歩の流派は松涛館流(しょうとうかんりゅう)です。

松涛館流は空手の4大流派の一つで、その中でも一番主流な流派と言われています。

また松涛館流は年齢や体の大小にかかわらず、誰にでもできるような無理なく続けることができる武術です。

特に空手の型を重視し、ダイナミックな動きをするという特徴があります。

植草歩は幼少期に空手の4大流派の一つである剛柔流を学んでいましたが、帝京大で松涛館流を学んだと言われています。

植草歩の父親の職業は?家族と兄弟について!

植草歩の父親は設計士です。過去に空手などの格闘技をしていたということはなく、どちらかというとインドアです。

また母親についてもスポーツ選手ということはありません

ではなぜ植草歩が空手の才能を覚醒させたのかというと、その秘密は母親の家系にあります。

母親の家系は格闘技の選手が多く、それが植草歩にも受け継がれたということです。

また植草歩には姉が一人いますが、その詳細については現在分かっていません。

よく植草歩の試合を観戦に行くようなので、東京オリンピックではその姿を見ることができるかもしれませんね。

植草歩の年収はいくら?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 植草歩 uekusa ayumi (@ayayumin0725) on

植草歩はJALに所属していてホリプロ社員のため詳しい詳しい年収については分かりませんが、ホリプロの年収を見ると少なくとも300万程度です。

というのもホリプロで3年未満の社員の年収は300万円と言われています。植草歩はホリプロに所属して間もないため少なくとも年収が300万円ということです。

ただ植草歩は東京オリンピック内定が決まってからテレビにも出演しているのでその分年収が高くなっているでしょう。

ちなみに空手の試合は基本的に給料が出ないと言われています。お金が発生しないので本当に空手が好きでないとできそうにありませんね。

植草歩はなぜホリプロ社員に?

植草歩は2018年1月1日からホリプロのスポーツ文化事業部に所属しています。

空手は先ほど解説したように基本的に他の仕事をしないと食べていけません。

しかし植草歩には空手の実力があって、さらに可愛らしい見た目をしていることからホリプロが目を付けて社員にしたのではと言われています。

空手をしていても給料が発生しないので相当苦労していることがうかがえますね。

植草歩が東京オリンピック内定!空手競技の内定選手を紹介!

植草歩は東京オリンピックで大注目の空手選手ですが、植草歩以外にも活躍してくれそうな空手選手がいます。そこで喜友名諒と清水希容について紹介していきます。

喜友名諒

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 日本生命 (@nissay_official) on

喜友名諒(きゆなりょう)は力強さと繰り出す技の正確性に定評がある選手です。

過去には18年アジア大会金メダルや14、16、18年世界選手権3連覇という成績も納めています。

\喜友名諒選手について記事はこちらでチェックできます/

清水希容

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kiyou Shimizu/清水希容 (@kiyou_1) on

清水希容(しみずきよう)は2013年の全日本選手権で優勝して、

そこから2018年まで6連覇をしている優秀な選手です。

\清水希容選手について記事はこちらでチェックできます/

このように植草歩以外にも注目の空手選手はいるので東京オリンピックでは見ておきたいですね。

まとめ

世界ランキング1位の植草歩の特徴をまとめるとこうなります。

まとめ

  • 空手の段位は公認5段
  • 流派は松涛館流(しょうとうかんりゅう)
  • 父親の職業は設計士
  • 姉が一人いる

実力もさることながらルックスが可愛らしい植草歩が東京オリンピックで活躍する姿が楽しみですね。

広告

-スポーツ選手
-,

Copyright© ヒッポサーチ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.