スポーツ選手

【ボクシング】田中亮明は実は高校教師!戦績と嫁がすごい!

田中亮明は教師をしながらボクシングもしているという異色の経歴の持ち主です。

しかも戦績が凄くて、とても教師をしながらの成績とは思えません。

そんな田中亮明の優秀な戦績を支えている秘密は嫁や家族にありました。

広告

田中亮明のプロフィール

参考: https://twitter.com/rmabc1013/status/1199244154561187840/photo/2

こちらが田中亮明のプロフィールです。

名前 田中亮明(たなかりょうめい)
生年月日 1993年10月13日(2020年3月現在26歳)
身長 170cm
体重 52㎏(フライ級)
出身地 岐阜県
高校 中京学院大中京高
大学 駒沢大学
所属 中京学院大中京高教員

田中亮明は5歳の頃には空手をしていましたが、空手の訓練のためにしたボクシングで才能を開花させました。

そしてそこからボクシング一筋になったということです。

田中亮明の出身大学と高校はどこ?

田中亮明の高校は中京学院大中京高で、大学は駒澤大学です。

中京学院大中京高は各種スポーツの強豪で、野球部は甲子園に何度も出場しているので有名ですよね。

ボクシング部に関しては、プロになったのが田中亮明のみなので、そこまで強豪校というわけではないようです。

駒澤大学のボクシングは強豪で数多くのプロボクサーを輩出しています。例えば田中亮明の他にも、清水聡や伊藤雅雪などがいます。

そんな田中亮明は学生時代にどのような成績を納めていたのでしょうか。

田中亮明の戦績がすごい!

田中亮明の学生時代の戦績は最強と言えるものです。

高校時代には国体で優勝して日本一になっています。

続いて大学時代には国体4連覇や全日本選手権優勝など、国内では最強と言えるほどの活躍でした。

そんな田中亮明は高校時代に井上尚弥とも4度の対戦経験があります。

結果は全て田中亮明の負けでしたが、実力は拮抗していて、どちらが勝ってもおかしくないくらいの実力差です。

学生時代に国内最強だった田中亮明の最近の戦績は、2019年に全日本選手権で通算3度目の優勝を果たしています。

その強さは学生時代よりさらに強くなっているで、東京オリンピックも期待できますね。

田中亮明は高校教師!何を教えてる?

田中亮明は母校の中京学院大中京高で教師をしながら、ボクシングもしている知的なボクサーです。

そんな知的な田中亮明は高校で社会を担当しています。しかもその傍らで中京学院大中京高ボクシング部の監督を務めているのです。

ということはアマチュアボクサーでもあって、高校の教師でもあって、ボクシング部の監督までしているということになります。

正に田中亮明は超人的な存在ですね。

田中亮明の嫁(妻)は誰?馴れ初めは?

引用: https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2019112402100093.html

田中亮明は2018年に大学時代から付き合っていた百美さんと結婚しています。

田中亮明は妻を溺愛していて、2019年の全日本選手権優勝で獲得したベルトは嫁に捧げるといったほどです。

百美さんは20203月現在26歳なので、田中亮明とは同い年ということになります。

百美さんの容姿もとても美しいので、初登場時はけっこう話題になっていました。

田中亮明の兄弟と父親がすごい!

参考: https://www.sankei.com/sports/news/180924/spo1809240013-n1.html

田中亮明の弟は田中恒成で、その実力は兄以上です。

例えば田中恒成の船籍としてこのようなものがあります。

・高校2年で国体などの大会で4冠達成
・東洋太平洋王座獲得
・世界王座(ミニマム級)獲得
・プロ12戦目で3階級制覇

これらは田中恒成のほんの一部の戦績ですが、最強と言える活躍です。

ちなみに田中亮明には妹の杏奈さんがいますが、特にボクシングをしているわけではありません。

実は、この最強の田中兄弟を育てた父親の田中斉(たなかひとし)さんも凄い方です。

田中斉さんは柔道の黒帯を持っていて、腕相撲の元日本王者で、さらに空手とボクシングのトレーナー資格も持っています。

正に格闘家という感じがしますね。

生粋の格闘家である田中斉さんがいたから、田中兄弟は強くなったと言えます。

田中亮明が東京オリンピック内定!

田中亮明は東京オリンピックの出場が決まっていて、その活躍が楽しみですが、他にも注目の選手がいるので2人紹介します。

成松大介

参考:https://www.joc.or.jp/games/olympic/riodejaneiro/sports/boxing/team/narimatsudaisuke.html

成松大介は20203現在30歳で、階級はライト級の選手です。

成松大介の持ち味は、相手が圧倒される程の力強いパンチ力になります。

過去にリオオリンピックの経験もあるので、今回もその活躍が期待できそうです。

森脇唯人

参考: https://www.sanspo.com/sports/news/20200306/box20030609410002-n1.html

森脇唯人は20203現在23歳で、階級はミドル級です。

森脇唯人の持ち味は188㎝の高身長から繰り出される、リーチも威力もあるパンチとなります。

23歳と若いですがすでに100試合も出場していて、試合経験が豊富な選手です。

この2人も東京オリンピックに出場するので、田中亮明共に注目しておきたいですね。

まとめ

田中亮明は母校の中京学院大中京高で社会科の教師を努めながら、ボクシングもしている知的なボクサーです。

そんな田中亮明の弟恒成もボクサーで、プロになってからの試合で負けなしと最強です。

さらに父親の斉さんも格闘家としてすごい経歴を持っています。

このことから田中一家は、格闘技最強の家系と言えますね。

広告

-スポーツ選手
-

Copyright© ヒッポサーチ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.